検索連動型広告を作成する

キーワードのリサーチが終わったら、キーワードにマッチした広告文を作成します。広告文の仕様はサービスごとに異なり、Google AdWordsに出稿する基本仕様は、広告タイトルが全角12文字(半角25文字)、広告文が全角l7文字(半角35文字)です。

ただし、同じGoogleAdWordsでも日本、中国、ロシア、韓国などは広告タイトルが全角15文字(半角30文字)、広告文が全角19文字(半角38文字)と仕様が異なるため注意が必要です。国ごとの仕様については、後章で詳しく解説します。

クリックされる広告文 11のテクニック

上記の仕様に従い、限られた文字数で効果的な広告文を作るには、キャッチコピーのライテイングテクニツクを駆使する必要があります。ここでは、絶対におさえておきたい11のテクニックを解説していきます。

テクニックの根J処として、アメリカのAdGooroo社というウェブマーケティング会社が発表した統計データを引用しています(「Ad Copy ResearchStudy 」http://www.adgooroo.com/ad_copy.phpより)。これは英語閣のGoogleAdWordsにおける5,500個のキーワードを分析したものです。主に英語の広告文の分析結果となりますが、日本やその他の国の検索連動型広告の運営でも参考になるので見ていきましょう。

  1. 広告タイトルにキーワードを
  2. 具体的な価格を挿入
  3. アクションを促す記載をする
  4. 「! (感嘆符)」を活用する
  5. トレードマークやシンボルで信頼度アップ
  6. 具体的な数字を入れる
  7. ブランド名を捕入する
  8. 極端に短い広告を作成する
  9. “無料”の利用は慎重に
  10. 表示URLに”www”を入れる
  11. “公式サイト”を明記