セットで使いたいディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは Google AdWordでは、ディスプレイ広告を利用することもできます。通常の検索連動型広告はテキストを使って訴求しますが、ディスプレイ広告では、パナーを使ったプロモーションが行えます。Googleが契約を結んでいるパートナーサイト(ブログ、ニュースサイト、ポータルサイトなど)への広告配信が可能です。

ネット利用時間のうち、実際にユーザーが検索している時間は少なく、ウェブサイトの閲覧に多くの時間が割かれています。ウエブサイト閲覧時のユーザーに対しても訴求できるのがディスプレイ広告なのです。

ディスプレイ広告の出稿方法

広告の出稿方法は主に2つあります。配信したいパートナーサイトのドメインを指定するプレースメントターゲットと、キーワードやトピックを指定し、その指定したキーワードやトピックに対して関連性の高いサイトに広告を配信するコンテンツターゲツトです。後者については、Googleが独自にパートナーサイトを分析しており、たとえば「旅行」のカテゴリを選択するとGoogleがカテゴライズした旅行関係のウェブサイトに広告が出稿できるようになります。

海外向けディスプレイ広告は効果が高い?

はじめて海外マーケテイングを行う場合は、検索連動型広告とディスプレイ広告を同時に出稿することで高い費用対効果が得られる傾向があります。はじめての海外進出なら、購入や問い合わせを促す以前に、まずは自社の商品やサービスをターゲ、ツ卜としている地域で認知してもらうことから始めなくてはなりません。ディスプレイ広告により、顧客ターゲットに関連したウェブサイトでの接触機会を増やすことで安心感や信頼感を与えることができます。

また、検索連動型広告だけの出稿で、思ったようなパフォーマンスが上がっていなかった企業が、ディスプレイ広告を利用することによって「認知→コンパージョン」のフローが確立され、コンパージョン率が大幅に増加するという例も数多くあります。

リマーケティングで再訪を促す

ディスプレイ広告には「リマーケティング」という機能もあります。リマーケティングとは、一度ウェブサイトに訪問したユーザーをターゲットとする広告配信手法です。この機能を使えば、はじめてウェブサイトに訪れた際に問い合わせや購入などのアクションを起こさなくても、その後ユーザーがGoogleのパートナーサイトを訪れた際に関連した広告を表示できるため、コンパージョンが促進されます。

ただし、あまりしつこく広告配信するとブランドイメージを損ねる可能性もあります。効率的かっ効果的な配信設討を行いましょう。